カテゴリー別アーカイブ: お家の豆知識

土地の購入には“消費税”が掛かりません

家を建てる際、土地も一緒に探している方も多いかと思います。

ただ滅多にない買い物なので、知らないまま自分たちで探し、

びっくりすることも多いかと思います。

 

出来るなら、不動産会社などの専門家と一緒に考える方が良いでしょう。

知識もありますし、目先だけでなく全体的に見られるので。

 

土地 イメージ

 

さて、住宅等の建物物件を購入する場合は、消費税が発生しますが、

土地購入に関しては、消費税が非課税扱いになることはご存知でしょうか?

実は、土地取引を初めて行う方から見ると、少し驚く内容です。

 

と、言うのも、個人間での土地売買は消費税が発生しませんが、仲介業者を経由すると、

仲介手数料に消費税が掛かるからです。

そのため、店頭で土地取引は非課税と説明を受けても、仲介手数料に

消費税が掛かるために、「土地」=「課税対象」と誤解されることがしばしばあります。

 

例えば、土地購入代金が1000万円、仲介手数料が3%+6万円とした場合、

360,000円に消費税8%が加算されます。結果として、仲介手数料は388,800円

となり、28,800円が消費税分として加算される形になります。

 

このケースの場合、土地の購入資金全体から見ると、28,800円は

小さな金額にも見えますが、実際の取引では、土地の価格や仲介手数料が

もっと高いケースがあり、その分の消費税は高くなります。

 

そのため、土地購入にあたっては、このような「思い込み」を払拭した上で、

仲介手数料の内訳や、消費税が何に掛かるのかを、しっかりと仲介業者から

説明を受けるようにした方が良いかと思います。

 

理解が薄いままで契約した場合、なぜ消費税を払ったのだろう?と疑念が沸いてしまい、

土地購入後に仲介業者に問合せをしてしまうことに繋がってしまいます。

 

土地 イメージ

 

土地購入に関連する税金の内容を、しっかりと理解した上で、仲介業者と

契約の話を進めていくことが大切です。

 

その後の人生にも係わる大事なことですので、目に見える金額だけでなく、

信頼のおける専門家をお選びください。

 

何か難しいな?と感じたら、ご相談承りますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
↓    ↓    ↓
エムズホーム お問い合わせフォーム

 

 

失敗しない土地探しの秘訣

失敗しない土地探しの秘訣・・・知りたくないですか!?

そんな秘訣、お知らせいたします。

 

不動産 イメージ

 

家は具体的な理想のイメージが掴みやすいものの、実際にそのイメージと

ぴったりな土地を見つけるには様々な建築制限や、環境の問題などを

クリアしていく必要があり、大抵は時間がとてもかかるものです。

 

通常、土地を探すにはまず不動産会社に行ったり、インターネットを見ることで

価格の相場を知ることができますが、とかく不動産会社では“家”の相談までは

専門外のため、あまり親身になってくれないものだったりします・・・

 

さらに、“建てる土地”が決まっていなければ建築会社も親身になってもらえず、

計画が曖昧なまま進行してしまい、

「土地に予算をかけすぎて、家の建築費の予算がない!」

などの失敗事例も良く聞きます。

 

土地 イメージ

 

一説には土地の性格により家の設計や外観は70%決まるとも言われます。

失敗したら取り返しがつかなくなってしまうことも・・・

 

それを踏まえた上で、“土地探し”の成功の秘訣は、理想の家をより具体的にさせてから、

価格、場所、大きさを吟味して、土地を選ぶことが一番かと思います。

 

例えば
・建物の事を何も調べずに土地探しをしている。
・土地の契約前に希望の会社でプランニングしていない。
・自分の希望では建築の予算がいくらなのか理解していない。
・土地と建物の予算配分がはっきりわかっていない。

なんてことが、失敗した例でよく聞かれます。

 

成功するためにも、まず全体を把握し、「お金」「土地(不動産)」「建物(建築)」の

知識についてステップを踏んで身につけることが大事です。

特にお金のことは避けては通れない道ですので、最初に自分の予算がどれくらいかを、

しっかり把握しておきましょう。

 

金庫 イメージ
自分たちだけで悩まずに、こういったことは専門家に相談しましょう。

私共で良ければ、喜んでご相談承ります。

↓   ↓   ↓

エムズホーム お問い合わせフォーム

 

 

 

建築用語 ユニバーサルデザイン

これはあらゆる年齢や性別、体型、障害の有無・レベルにかかわらず、

誰にでも使いやすい製品等をデザインすることを言います。

 

特定の障壁を解消するというバリアフリーから一歩進んだ発想です。

車椅子 イメージ

 

これは住宅だけで無く、さまざまな商品やサービス、ファッション、建物、設備、

街、交通機関など、あらゆる分野に適用されています。

 

車イスマーク イメージ

 

アメリカ・ノースカロライナ州立大学のR・メイス教授が提唱したものでは、

以下の7つの原則があります。

1.公平に利用できる
2.柔軟に利用できる
3.シンプルで直感的な利用
4.わかりやすい情報
5.利用ミスへの許容範囲の広さ
6.身体的負担が少ない
7.接近して使える大きさと広さ(空間)がある

日本では、ユニバーサルデザイン製品を共用品・共用サービスとも呼んでいます。