夏の素敵な虫よけ対策

夏の暑い時期、毎日の生活の中で困ることの一つが、

虫よけ対策かとおもいます。

 

いくら網戸をしっかり締めていても、玄関の開け閉めの際に

人と一緒に出入りされてしまえば、防虫剤を使ってもあまり意味がありません。

それに体にも悪そうですし・・・

 

ところで、花やハーブの自然の香りを利用して虫よけができるのをご存じですか?

日本では古くから除虫菊を利用した蚊取り線香がありますが、最近注目されている

のがゼラニウムです。

ゼラニウム イメージ

ヨーロッパでは窓の下にゼラニウムの鉢植えを置いている光景をよく見かけますが、

これは、虫よけのために置いているともいわれています。

見た目もかわいらしく、香りもよく、そのうえ虫の侵入をシャットアウトしてくれる

のが、ゼラニウムです。

 

窓辺の花 イメージ

 

ゼラニウムの種類は280以上もあり、そのどれもが育てやすく、たくさんの花を

咲かせてくれます。開花の時期は4月~11月ですが、気温が7℃くらいあれば、

1年中花を咲かせることができます。

 

ゼラニウムにはシトロネロールという香り成分が多く含まれています。

人間にはいい香りなのですが、虫にとってはなぜか苦手な匂いなので、

窓辺にゼラニウムの鉢植えを置いておくと、蚊の侵入を防いでくれるのです。

部屋にはいい香りが流れ込み、見た目もかわいらしく、しかも虫よけ。一石三鳥ですね。

 

バイオテクノロジーの力によって交配された「蚊連草」(かれんそう)も人気があります。

ゼラニウムとシトロネラを交配させたもので、どちらも虫が嫌うシトロネロールを多く

含んでいるハーブです。

蚊連草に含まれるシトロネラールは、蚊が二酸化炭素を察知する能力を低下させる

効果もあるので、蚊が人を刺しにくくなるといわれています。

蚊連草はホームセンターで500円程度で手に入れることができます。

 

ゼラニウム イメージ

 

ちょっとしたアレンジで、快適に暮らせるコツがあります。

宜しければ、お試しください。