屋根の形色々

家の形が多様化したのに伴い、屋根の形も多様化してきました。

それぞれに特色があり、あげればキリがありません。

 

今回はその中でも、一般家庭で使われている代表的な物を、

いくつかご紹介いたします。

 

切妻屋根(きりづまやね)

切妻屋根(きりづまやね)

二つの傾斜面からなる屋根で、単純な屋根であるので雨漏りの心配も少なく、

住宅では切妻屋根が多いです。平面の長手方向に棟をもってくるのが一般的です。

 

寄棟屋根(よせむねやね)

寄棟屋根(よせむねやね)

4つの流れを組み合わせた屋根で、大棟の両端から四隅に降棟が降りている屋根です。

切妻屋根と並んで、特によく見られるタイプです。

 

片流れ屋根(かたながれなね)

片流れ屋根(かたながれなね)

切妻屋根の片面のみの様なタイプで、建物の屋根が一方だけに傾斜しています。

太陽光発電を考え、この屋根を選ぶ方も多くなっています。最近特に人気があります。

 

方形屋根(ほうぎょうやね)

方形屋根(ほうぎょうやね)

正方形に近い寄棟屋根で、隅棟が屋根中央に集まったものを指します。

 

陸屋根(ろくやね・りくやね)

陸屋根(ろくやね・りくやね)

勾配(こうばい)のきわめてゆるやかな、ほぼ水平に近い屋根です。

鉄筋コンクリート造の建物(マンション・ビル等)にこのタイプが見られます。

 

招き屋根(まねきやね)・差し掛け屋根(さしかけやね)

招き屋根(まねきやね)・差し掛け屋根(さしかけやね)

招き屋根は、切妻屋根の一方の流れを長く、他方を短くした屋根のタイプです。

また差し掛け屋根は、母屋へ片流れにさしかけた屋根を言います。

 

 

他にも色々なタイプの屋根がありますが、特に代表的なものだけをご案内しました。

これから家を新築することをお考えの方、どんな屋根にするかご検討の際には、

ご参考頂ければ光栄です。