節電対策に冷蔵庫を考えてみる・・・

電気の節約・・・生活する上で、常に考えなければいけない課題かと思います。

 

一般家庭の電気代の内訳を見てみると、冷蔵庫で割合は、割と高いです。

内訳を見ると、実に15.5%を占めています。

 

グラフで確認すると、以下の通りです。

電気使用量 グラフ

【図:日本の家庭の電力消費の内訳 年間消費電力量4,200kWh】

 

そんな中で、節電対策に冷蔵庫を考えてみると・・・

 

エアコンや照明は、人が居る・居ないで使用頻度が変わりますが、

冷蔵庫だけは一年を通じて食べ物を一定の温度に冷やしているので、

節電をすると言っても、使わない時に電源を抜くわけにもいきません。

 

冷蔵庫 イメージ

 

でも、手っ取り早く冷蔵庫の電気代を安く上げる方法があるのです。

それが

ズバリ、年数の経った冷蔵庫を、新しいものに買い替える事です。

 

例えば10年前の冷蔵庫を、最新のものに比較すると、実に年間1万円以上の

差が出てきます。もちろん新しい機能も充実しているので、早めの買い替えがベストです。

 

直ぐに買い替えの予定が無い方でも、使い方をちょっと工夫するだけで

節約することも出来ます。

 

人間の心臓と同じように、休むことが出来ない電化製品なので、

普段からケアしてあげる事が必要かと思います。