土地の購入には“消費税”が掛かりません

家を建てる際、土地も一緒に探している方も多いかと思います。

ただ滅多にない買い物なので、知らないまま自分たちで探し、

びっくりすることも多いかと思います。

 

出来るなら、不動産会社などの専門家と一緒に考える方が良いでしょう。

知識もありますし、目先だけでなく全体的に見られるので。

 

土地 イメージ

 

さて、住宅等の建物物件を購入する場合は、消費税が発生しますが、

土地購入に関しては、消費税が非課税扱いになることはご存知でしょうか?

実は、土地取引を初めて行う方から見ると、少し驚く内容です。

 

と、言うのも、個人間での土地売買は消費税が発生しませんが、仲介業者を経由すると、

仲介手数料に消費税が掛かるからです。

そのため、店頭で土地取引は非課税と説明を受けても、仲介手数料に

消費税が掛かるために、「土地」=「課税対象」と誤解されることがしばしばあります。

 

例えば、土地購入代金が1000万円、仲介手数料が3%+6万円とした場合、

360,000円に消費税8%が加算されます。結果として、仲介手数料は388,800円

となり、28,800円が消費税分として加算される形になります。

 

このケースの場合、土地の購入資金全体から見ると、28,800円は

小さな金額にも見えますが、実際の取引では、土地の価格や仲介手数料が

もっと高いケースがあり、その分の消費税は高くなります。

 

そのため、土地購入にあたっては、このような「思い込み」を払拭した上で、

仲介手数料の内訳や、消費税が何に掛かるのかを、しっかりと仲介業者から

説明を受けるようにした方が良いかと思います。

 

理解が薄いままで契約した場合、なぜ消費税を払ったのだろう?と疑念が沸いてしまい、

土地購入後に仲介業者に問合せをしてしまうことに繋がってしまいます。

 

土地 イメージ

 

土地購入に関連する税金の内容を、しっかりと理解した上で、仲介業者と

契約の話を進めていくことが大切です。

 

その後の人生にも係わる大事なことですので、目に見える金額だけでなく、

信頼のおける専門家をお選びください。

 

何か難しいな?と感じたら、ご相談承りますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
↓    ↓    ↓
エムズホーム お問い合わせフォーム