建築用語 ユニバーサルデザイン

これはあらゆる年齢や性別、体型、障害の有無・レベルにかかわらず、

誰にでも使いやすい製品等をデザインすることを言います。

 

特定の障壁を解消するというバリアフリーから一歩進んだ発想です。

車椅子 イメージ

 

これは住宅だけで無く、さまざまな商品やサービス、ファッション、建物、設備、

街、交通機関など、あらゆる分野に適用されています。

 

車イスマーク イメージ

 

アメリカ・ノースカロライナ州立大学のR・メイス教授が提唱したものでは、

以下の7つの原則があります。

1.公平に利用できる
2.柔軟に利用できる
3.シンプルで直感的な利用
4.わかりやすい情報
5.利用ミスへの許容範囲の広さ
6.身体的負担が少ない
7.接近して使える大きさと広さ(空間)がある

日本では、ユニバーサルデザイン製品を共用品・共用サービスとも呼んでいます。