充分な収納スペースを確保しましょう

普段生活していく上で、頭を悩ませるものの一つは収納スペースの不足です。

収納スペースの有無は、住まいの快適性に大きな影響が出てしまいます。

片づけ イメージ

 

収納スペースは、一般的に住宅の面積の中で2割程度の広さが目安

されています。

これから新築住宅やリフォームを検討するのなら、住む方の家族構成に応じ、

将来の予定も踏まえて、充分な収納スペースを確保できるよう考えておきましょう。

 

 

新築の場合、事前に収納に対して計画すると、より使いやすいでしょう。

こんなメリットが挙げられます

・効率がよく、使いやすくなる

・大型の収納スペースの配置が可能になる

・余計な家具が不要で、部屋をイメージ通りに使える

・収納家具を購入する必要が無い

・室内がすっきりする

折角広い部屋を作っても、収納が無いとタンスや戸棚を並べれば

結果部屋が狭くなってしまいます。

また収納家具は地震の際倒れる心配がありますから、収納スペースを

しっかり作り、安全も確保できます。

 

片づけ イメージ

 

 

また、階段下や床下等のデットスペースを上手に活用することで居住部分を犠牲に

することなく、効率的に収納スペースを確保することも出来ます。

 

例えば、よく使われるデットスペースは以下の図の青い部分です。

収納場所

 

但し場所によっては出し入れが不便で、つい遣わなくなってしまいがちの

部分もありますので、よく考えて設計することをお勧めいたします。

 

収納力は住まいの大事な性能の一つですから、設計によって大きく

住み心地が変わってしまいます。

 

より快適に過ごせるよう、エムズホームはお手伝い致します。