「結露(けつろ)」を防止するには

前回は「結露(けつろ)」はなぜ発生するのかをお届けしましたが、

今回はその防止策をご案内いたします。

 

そもそも、「結露」が発生すると、どんなことがあるでしょうか・・・?

きっとこんな症状が出てくると思います。

・カビが生える原因になる

・カーテンやブラインドなどが汚れる

・壁など建材が傷む

・臭う                等々・・・

こんな症状が起きることにより、気分や体調が悪くなってきますね。

結露 イメージ

 

では、家の中でどんな場所に「結露」が発生するでしょうか?

よく「結露」が発生しやすい場所は、

・寝室

・リビング、ダイニング

・押入れやクローゼット

等が多いかと思います。

 

要は「人が長時間過ごす場所」や「湿気がたまりやすい場所」には

「結露」は発生しやすいようです。

やはり人がいると、「湿度が上がる」「温度が上がる」など、

結露の発生する要因が増えてしまいます。

リビング イメージ

 

では、一番気になる「結露防止対策」についてをお知らせします。

まずお手軽で、すぐにできることは

・換気
換気扇や窓を開ける等で換気することにより、室内の湿気の高い空気を
排出することで結露を防止します。

・除湿
除湿機や除湿材をつかって、部屋や押入れの湿度を下げます。
やはり湿度は結露防止にはとても重要なポイントです

・暖房器具の見直し
石油ストーブやファンヒーターなどの燃焼系の暖房器具は、水蒸気を発生させます。
エアコンやオイルヒーターなど非燃焼系の暖房器具にするのも結露防止になります。

・家具の配置
室内に空気が滞留しないようにします。押入れやクローゼットの中も詰め込み
過ぎないようにしたり、スノコをひいたりして空気が循環するようにします。

まずは換気と除湿こそが、結露防止の近道です。これらを実践するだけでも、

結露発生は軽減できるでしょう。また、発生した結露をすぐにふき取ることも必要です

 

暖炉 イメージ

 

ただやはり、換気や除湿をすると折角温めた室温が下がってしまいます。

暖房効率を上げるためには、リフォームをするのが一番かと思います。

 

ポイントとしては

・サッシ窓を「ペアガラス」又は「二重サッシ」に交換する。

通常のガラスに比べ断熱性が向上するので、「結露」防止に効果があります。

・「断熱工事」をする

根本的に家自体の断熱性を高めようというものです。断熱工事を行うことにより、

家の外と中の温度差を遮断するものです。

 

これらのリフォームについても、エムズホームではご相談に応じます。

どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

↓  ↓  ↓

エムズホーム お問い合わせフォーム